© かんけクリニック All rights reserved.

当院は栃木県・宇都宮市の乳がん検診精密検査医療機関です

乳がんは、1996年に日本女性の悪性疾患罹患率(病気にかかる割合)第1位となり、現在では日本人女性の12~14人に1人が乳がんになる可能性があると言われております。 40代後半が最も多いとされますが、年々20代~30代の患者数も増えてきており、特に35歳以下での発生は死亡率が高く、早期の発見が非常に重要と言えます。 しかし、“しこり”を形成しない乳がんも数多く存在するため、マンモグラフィーや超音波(エコー)を用いた画像診断が必要になってきます。

当院は、栃木県(宇都宮市)の乳がん検診精密検査医療機関です。

乳がんのこと(検査・治療・予防など)、乳腺に関する症状など、なんでもお気軽にご相談ください。

乳がん・乳腺については、宇都宮 かんけクリニックへ。

乳がんの早期発見には、マンモグラフィと超音波(エコー)検査の併用がお勧めです!

よく患者さんから、『乳がん検診にはマンモグラフィとエコー、どっちを受ければいいの?』という質問を受けます。マンモグラフィと超音波には、それぞ…

AICS(アミノインデックスがんスクリーニング検査)をご存知ですか?

アミノインデックスとは、血液中のアミノ酸濃度のバランスから、現在の健康状態や病気の可能性を明らかにする検査です。 健康な人における血液中のア…

アンチエイジング(抗加齢)についての相談、承ります。

『アンチエイジング』、それは女性のみならず、現代社会においては男性にとっても興味深い話かと思います。かんけクリニックでは、日本抗加齢(アンチ…

ページ上部へ戻る