© かんけクリニック All rights reserved.

検査(内視鏡・超音波)

検査(内視鏡・超音波)

内視鏡検査

当院では、済生会宇都宮病院 外科の内視鏡専門医により、検査を受けられる患者さんの負担軽減、的確な診断および内視鏡治療(日帰りポリープ切除など)を行っております。 上部消化管内視鏡(胃カメラ)は、経鼻用・経口用取り揃え、患者さんのご希望に沿って検査いたします。 お気軽にお尋ねください。

検査室

胃がん

胃がんは日本人に非常に多い悪性腫瘍と言えます。
これには、日本固有の食生活およびピロリ菌の感染が強く関わっていると言えるでしょう。
40歳を境に胃がんの発生率は高くなるため、40歳からは毎年胃カメラ(上部消化管内視鏡検査)をお受けになることをお勧めします。

胃がんは早期発見し手術すれば、高い治癒率を得られます。また、場合によっては、開腹手術(お腹を切る手術)では無く、内視鏡手術により治癒することも期待できます。
ピロリ菌の除菌も行っておりますので、気軽にご相談下さい。

大腸がん

食生活が欧米化され、昨今、日本における大腸がんの患者数も増加しており、死亡数においては第3位となっております。加齢とともに“がん”を発症する可能性は高くなり、胃と同様大腸に関しても、40歳を超えたら定期的な内視鏡検査は必要と考えられます。

大腸がんのほとんどは、ポリープが成長して悪性化(癌化)したものです。ポリープのうちに切除してしまえば、大腸がんになる可能性を大きく低下させることができます。しかし、ポリープはほとんど症状が無いため、大腸内視鏡による観察がとても重要と言えます。

超音波(エコー)

超音波検査は、患者さんにとって侵襲度(苦痛)の低い検査です。皆さんもご存じのCTやMRIなどに比べて診断能力が劣ると思われがちですが、病気によってはそんなことは無く、むしろ優れている点も多いのです(例えば、肝・腎・膵・脾・乳腺・甲状腺・膀胱など)。

当院ではTOSHIBA社の最新機器を用いて、 済生会宇都宮病院 超音波診断科 科長の川井 夫貴子医師が的確な診断をいたします。
検査前には、飲食を止めて頂く場合もございますので、あらかじめご容赦ください。

 

 

 

 

 

受診予約・お問い合わせ

以下のフォームに必要事項をご記入の上、「送信」をクリックしてください。※の付いている項目は必須項目です。 ご相談項目 ※ 乳がん …

みんなの質問コーナー 症状・検査

Q.乳がんの時は、どのような症状が出現しますか?A.一般的には、しこりなどから発見されるケースが多いです。 一般的に多いと言われる症状は、①…

みんなの質問コーナー 乳がんの疫学・予防編

Q.乳がんの危険因子には、どんなものがありますか? A.様々なものが存在し、現在研究中です。 これまでの研究結果で証…

ページ上部へ戻る